腹筋 消費カロリー

スポンサード リンク

腹筋と消費カロリー

ダイエットのために腹筋を鍛えるという人がいますが、実はこの運動自体はあまり消費カロリーが高いものではありません。

 

 

もちろん、お腹周りの外見を良くする目的であれば十分効果がある動作ですが、実際の消費カロリーは30分行って300kcalくらいのものなのです。

 

 

具体的な計算をあげると、体重(kg)×0.1485×時間(分)×補正係数によって求められます。

 

 

計算式にある補正係数は、20代男性を1.0として考え、年齢があがるにつれて値が下がっていきます。

 

 

また、同じ年代でも女性の方がやや低い補正係数になります。

 

 

例えば、30代男性の補正係数は0.96、30代女性の補正係数は0.87になります。

 

 

残念ながら、年齢があがるにつれて腹筋による消費カロリーも減ってきてしまうのです。

 

 

腹筋は、ダイエットというよりもお腹周りの脂肪を減らしたり、筋肉をつけることで基礎代謝を多くしたりする目的の方が強いです。

 

 

しかし、消費カロリーが低いからといって、やる必要がないわけではありません。

 

 

腹筋を鍛えることによってお腹周りの見た目が変化する他にも、姿勢がよくなる・食べ過ぎに注意するようになるという効果もあります。

 

 

この筋肉は、身体にとって重要な役割を持つ腰を支えている筋肉のひとつです。

 

 

よって、背筋とのバランスも考えながら適度に鍛えることで、自然に正しい姿勢が身についていくのです。

 

 

また、腹筋を鍛えることでお腹周りの外見を気にするようになります。

 

 

お腹周りを気にするということは、食べ過ぎによる体重増加を防げる効果を生み出すのです。

 

スポンサード リンク

腹筋と消費カロリー関連ページ

腹筋を効果的に割るために
効果的なトレーニングについて紹介します。
腹筋のグッズ
楽しく腹筋を鍛えるグッズについて解説しています。
腹筋のマシン
気に入ったマシンを利用して楽しく腹筋を鍛える
腹筋の器具
腹筋を鍛えるためのお勧め器具をいくつか紹介していきます。
腹筋とプロテイン
プロテインはどのような効果があるものか解説しています。
腹筋と食事
腹筋と食事について解説しています。

 
腹筋の基礎知識 腹筋トレーニング 腹筋を効果的に割るために 目的別に腹筋を鍛える