腹筋 トレーニング 方法

スポンサード リンク

腹筋トレーニングの方法

健康のため、または体型維持のために腹筋を鍛えようとしている人に向けて、いくつかのトレーニングを紹介します。

 

 

自分の体力に合わせて、最もやりやすい方法を探してみてください。

 

 

■シットアップ

 

 

最も一般的に知られている腹筋トレーニングの方法です。

 

 

仰向けになった状態から、上半身を起き上がらせることで筋肉を鍛えます。

 

 

ひざは曲げた状態で、手は耳の後ろに添える程度が理想的です。

 

 

決して、腕の反動を利用して起き上がることのないように気をつけましょう。

 

 

■クランチ

 

 

腰への負担が少ないうえに、効果的に腹筋のトレーニングを行うことができる方法です。

 

 

膝の高さくらいの台に足を乗せて仰向けになります。

 

 

手は胸の前でクロスさせたまま、状態を起こしていきます。

 

 

シットアップのように大幅に上体を起こさなくても効果が期待できます。

 

 

■トランクカール

 

 

仰向けに寝た状態で手を頭の後ろに回し、おへそを見るイメージでお腹をまるめます。

 

 

そこまで状態をあげなくても、肩が少しあがっている程度で効果が期待できます。

 

 

比較的少ない動作で腹筋を鍛えることができるトレーニングです。

 

 

上に紹介したものの他にも、上半身ではなく下半身を上にあげる方法もあります。

 

 

これも仰向けになった状態で行い、頭側ではなく足側を上にあげることで筋肉を鍛えます。

 

 

この方法はかなりの筋肉を使いますので、人によっては負担が大きすぎるものとなります。

 

 

あまり筋力に自信がない方は控えた方がいいかもしれません。

 

 

スポンサード リンク

腹筋トレーニングの方法関連ページ

腹筋トレーニング
意外と知られていない腹筋トレーニングの注意点をご紹介します。
腹筋トレーニングの種類
ここでは目的に合わせたトレーニングを紹介します。
腹筋トレーニングの効果・効能
ここでは、腹筋を鍛えることによる効果・効能を紹介します。

 
腹筋の基礎知識 腹筋トレーニング 腹筋を効果的に割るために 目的別に腹筋を鍛える