腹筋とは

スポンサード リンク

腹筋とは

お腹を引き締めるために腹筋を鍛えた経験がある人もいると思います。

 

 

そもそも、これはどのような筋肉なのでしょうか。

 

 

ここでは単純に、腹筋とは?という疑問についてお答えします。

 

 

一般的には「腹直筋」という筋肉を示すことが多く、いわゆるおへそ周りにあるものです。

 

 

ある程度鍛えている人は、筋肉がブロックのように割れたように見えることがあります。

 

 

医学的にいうと、腹直筋と錐身体筋(すいたいきん)を合わせて腹筋といいます。

 

 

これは、どのような場面で使用する筋肉なのでしょうか。

 

 

分かりやすいのは、身体を前方に曲げるときや腰をひねるときです。

 

 

目の前に落ちておるものを拾うため、腰をかがめるとこの筋肉を使用していることになります。

 

 

腰という大事な部分を支えている筋肉でもあるため、呼吸をしたり、正しい姿勢を維持したりするためにも使用します。

 

 

腹筋と背筋のバランスを崩してしまうと背骨がゆがみ、腰の痛みに発展してしまうこともあるので気をつけてください。

 

 

このふたつの筋肉は、必ずセットで鍛える必要があります。

 

 

どちらかというと腹筋の方が鍛えやすいイメージがあるため、そちらを鍛えすぎて背骨が背中側に押されてしまうことが多いようです。

 

 

この筋肉は、身体全体の崩壊を防ぐという重大な役割も持っています。

 

 

 

例えば、大声で笑うという行動は精神的にとてもいいことですが、身体へは大きな負担がかかっています。

 

 

このように身体に大きな負担がかかる場合には、その負荷を和らげる役割を持っているのです。

 

 

 

スポンサード リンク

腹筋とは関連ページ

腹筋の基礎知識
腹筋をはじめとした筋力トレーニングに必要な基礎知識について紹介します。
筋肉のバランスに関わる基礎知識は重要です。
腹筋を鍛える時の注意点
腹筋を鍛えるための代表的な動作である上体起こしについて、その注意点を紹介します。
腹筋を割るためには
ここでは、腹筋を割るために役立つ情報をお届けします。
腹筋で失敗しないためには
失敗を重ねる人は、その方法をもう一度見直してみてください。

 
腹筋の基礎知識 腹筋トレーニング 腹筋を効果的に割るために 目的別に腹筋を鍛える