腹筋 鍛える 注意点

スポンサード リンク

腹筋を鍛える時の注意点

腹筋を鍛えるための代表的な動作である上体起こしについて、その注意点を紹介します。

 

 

小学校や中学校で行う機会も多く、誰もが知っている運動ですが、間違って行ってしまうと効率が悪いトレーニングになったり、別の筋肉を痛めてしまったりします。

 

 

腹筋は身体の中心となる腰を支える筋肉です。

 

 

適当に行うのではなく、注意点をよく守り、正しい姿勢で効率のよいきたえ方を覚えておきましょう。

 

 

最も大事な注意点は、筋肉に負荷をかけすぎないことです。

 

 

トレーニング開始直後にありがちな話なのですが、はりきってしまうことにより、筋肉痛が残っているにも関わらず運動してしまう人がいます。

 

 

腹筋を鍛えるためには負荷をかけすぎてはいけません。

 

 

筋肉の状態によっては、適度な休息を心がけましょう。

 

 

次に、必ず背筋と合わせたトレーニングを忘れないようにしましょう。

 

 

腹筋と背筋は、背骨をはさんだ状態でバランスをとっています。

 

 

このバランスが崩れることによって背骨の歪みにつながり、腰を壊してしまうこともあります。

 

 

腹筋を鍛えることばかりに注意がいき、背筋をおろそかにしないように気をつけましょう。

 

 

次に、呼吸と運動を合わせて行うことを心がけましょう。

 

 

状態を起こす時には息を吐き、戻す時に息を吸うようにして、身体に必要な酸素を送り続けましょう。

 

 

身体は常に酸素を必要としています。

 

 

これらの注意点を忘れずに鍛えないと、運動中に息苦しくなったり、一瞬息がとまるような感覚に陥ったりしてしまいます。

 

 

せっかく健康のために鍛えるのですから、正しい方法で継続することを心がけましょう。

 

スポンサード リンク

腹筋を鍛える時の注意点関連ページ

腹筋の基礎知識
腹筋をはじめとした筋力トレーニングに必要な基礎知識について紹介します。
筋肉のバランスに関わる基礎知識は重要です。
腹筋とは
ここでは単純に、腹筋とは?という疑問についてお答えします。
腹筋を割るためには
ここでは、腹筋を割るために役立つ情報をお届けします。
腹筋で失敗しないためには
失敗を重ねる人は、その方法をもう一度見直してみてください。

 
腹筋の基礎知識 腹筋トレーニング 腹筋を効果的に割るために 目的別に腹筋を鍛える