腹筋 鍛え方

スポンサード リンク

腹筋の鍛え方

腹筋の鍛え方について詳しく紹介します。

 

 

代表的な鍛え方といえば、仰向けになって上半身を起こす運動です。

 

 

この単純な運動の中にも、やり方は人それぞれに分かれています。

 

 

腕を頭の後ろで組む人、手を横にして反動をつける人、ひざを曲げる人と、誰もが知っている運動なのに誰もが異なるやり方を行っています。

 

 

正しく腹筋を鍛えるためにはまず、手は耳のうしろあたりに添えましょう。

 

 

頭の後ろまで回してしまうと、上体を起こすときに別の部分に力が入りすぎてしまいます。

 

 

反動をつけておきあがる鍛え方はもってのほかです。

 

 

また、一回一回背中を床につけてはいけません。

 

 

床に背中をつけることで筋肉の緊張がとけてしまい、効率の悪い鍛え方になってしまいます。

 

 

膝は曲げた方が効果的です。

 

 

次に有名な鍛え方は、同じく仰向けになった状態で下半身をあげる運動です。

 

 

先に紹介したものよりも、腹筋以外に力が分散することをふせげるため、効率よく鍛えることができます。

 

 

腹筋を鍛える時に気をつけなければいけないのが、そのバランスです

 

 

トレーニングを行った後は必ず、背筋も鍛えておきましょう。

 

 

このバランスが崩れてしまうと、背骨の歪みにつながり、最終的には腰を痛めてしまうことになります。

 

 

また、筋肉痛になっている間のトレーニングは控えましょう。

 

 

筋肉に負荷をかけすぎては逆効果になってしまいます。

 

 

お腹周りの脂肪が多い方は、上にあげた方法だけでなく、長時間行う有酸素運動も取り入れてみましょう。

 

 

 

 

スポンサード リンク

 
 

 
腹筋の基礎知識 腹筋トレーニング 腹筋を効果的に割るために 目的別に腹筋を鍛える